ほろ酔いの意味とは?「ほろよい気分」で酔うことを楽しむ3ヶ条も

今回の記事は、

  • ほろ酔いの意味とは?
  • ほろよい気分で末永くお酒を楽しむための3ヶ条

について、断酒歴9年の私が解説します。

 

まさじろ
まさじろ

私も「ほろよいで酔う」が出来てたら、今でも楽しいお酒を飲めてたと思うんですけどね。しかし、すでに時遅しです!

 

ほろ酔いの意味とは?

ほろ酔いの意味とは、お酒を飲んで「ほんのりと酔っ払ってる状態」になります。

ちなみに、お酒との付き合い方の「理想:ほろよい」になりますね。

 

ほろ酔いで満足できる人は、「アルコール依存症」とは遠い存在ですからね。

 

ですので、ほろ酔いで楽しめる人は、今のお酒の飲み方を継続して下さいね。

アルコール依存症な私は、もう2度とお酒を飲むことができないですからね。

 

ほろ酔いで満足できなくなると

ほろよい気分で酔う事に満足できなくなると、アルコール問題が発生する可能性が高いです。

上手に飲めなくなると、「信用・お金・友達」をガンガン失っていきますからね。

 

ちなみに、私は経験者ですから説得力があると思いますよ(笑)

 

私のような、

依存びと
依存びと

年賀状って何?美味しいの?

な状態になりたくないなら、今から気を付けて飲みましょうね!

 

「ほろよい気分で酔うこと」を今も願ってる?

 

読者さん
読者さん

今でも、お酒を飲みたくなる時ってありますか?

と聞かれることがあります。

 

お酒を辞めて9年になりますが、正直に答えると「たまにお酒を飲みたくなる」ことはあります(笑)

 

旅行に行ったとき、

  • 飛行機
  • 電車

に乗ってるときに、「飲めたらいいなー」と感じることがありますね。

 

もしも、時間が戻せるなら

 

正直な気持ちを吐露すると、

アルコール依存症になる前に引き返せたらなあ!

と思うことはありますよ(笑)

 

もしも、時間を戻せるなら、「美味しいお酒をほろよいで楽しめてた時代」に戻りたいですね。

 

読者さん
読者さん

「お酒が飲めないなんて可愛そう!」

と思ってくれた方は、私のようにならないように、気を付けた飲み方をして下さいね!

 

まさじろ
まさじろ

ちなみに、時間が戻ったとしても「私は再度アルコール依存症」になっちゃうだろけどね(笑)

 

ほろよい気分でお酒を楽しむための3ヶ条

 

現時点でお酒を上手に飲めてる人が、これからも美味しいお酒を「ほろよい気分で楽しむ」ための3ヶ条を紹介します。

 

毎日は飲まないこと!

アルコール依存症に近づきたくないなら、「毎日お酒を飲む習慣」は控えたほうがいいですね。

飲酒の適量は、缶ビール(350ml)なら「1本か1.5本」と言われています。

 

依存びと
依存びと

しかし、毎日の飲酒は「肝臓への負担」が大きいんですよね。

お酒等のアルコールを分解する身体の器官が肝臓になります。

 

この肝臓が弱ってくると、「悪酔いしたり酔いやすくなったり」と厄介なんです。

ですので、あなたの肝臓のために「1週間に2日は休肝日」を設けてあげて下さいね

 

一気飲みはしないこと!

早く「ほろよい気分」になりたいからと、クッとお酒をあおる方がいます。

しかし、一気飲みは絶対にしてはいけません!

 

一気飲みは、「酔うのが目的な飲み方」なんです。

つまりは、「楽しむためにお酒を飲む」のではなくなるんですよね。

 

読者さん
読者さん

お酒は酔わないと楽しくない。酔うために飲むんだよ!

と思ったあなたは、お酒の飲み方の傾向が私に近い方ですね。

 

気を付けないと、

「ようこそ、アルコール依存症の世界へ!」

と、私たちの仲間入りですよ!

 

やけ酒はしないこと!

やけ酒等の大量飲酒も、アルコール依存症への近道となります。

浴びるほどお酒を飲みたいときの目的は、「手っ取り早く意識を飛ばしたいから」ですもんね。

 

これまた、「楽しむためにお酒を飲む」のではなくなりますよね。

やけ酒って便利な言葉なんですよね。大量飲酒の言い訳になりますからね。

 

今日は、「何々が理由だからやけ酒だ!」とかね。それが年に1回とかなら、まだマシなんです。

依存びと
依存びと

しかし、次第に些細なことでも「やけ酒の理由」にしだすんですよね。

 

こういう飲み方をしだすと、「アルコール依存症を最短距離」で突き進んで行きますからね。

これからもお酒を楽しみたいなら、「やけ酒」をしない事をおすすめします。

 

まとめ

今回は、「ほろ酔いの意味とは?」と「ほろよい気分で末永くお酒を楽しむための3ヶ条」を解説しました。

 

お酒は、上手に飲めてるうちが一番楽しいですよね。

あなたも注意しないと、私のようにアルコールが2度と飲めなくなるかも知れませんよ!

コメント