ロキソニンとお酒の組み合わせはダメと知りながらも飲みたくなる理由

今回の記事は、

  • ロキソニンとお酒の組み合わせがダメな根拠
  • ロキソニンとお酒を同時服用したい理由

について、断酒歴9年の私が解説します。

 

まさじろ
まさじろ

ロキソニン+お酒を求める方には、色んな事情があると思います。しかし、やめておくことを強くオススメします!

 

ロキソニンとお酒の組み合わせがダメな根拠

結論から言うと、「ロキソニンとお酒の組み合わせ」は良くありません

 

ちなみに、私はアルコール依存症者ですが「医療関係者」ではありません。

そんな私ですが、「ロキソニンとお酒はダメ!」と言い切ることができます。

 

依存びと
依存びと

その理由は、ロキソニンのお薬の「使用上の注意」に書いてるからです(笑)

 

ロキソニンの使用上の注意

ロキソニンを販売している「第一三共ヘルスケア」には、このように書かれています。

 

服用前後は飲酒しないで下さい。

(引用:第一三共ヘルスケア「使用上の注意」より)

 

ほとんどの人は知ってるよね

一般的な人は、「薬とお酒は一緒に飲まない方がいい!」と言うことを知っています。

という事は、「ロキソニンとお酒の組み合わせもよろしくない」ことも知っています。

 

それにも関わらずに調べているところに、

「今回の問題の本質が隠されている」

と私は思っています!

 

つまりは、

依存びと
依存びと

あなたはアルコール依存症の一歩手前なんじゃないの?

と、私は心配になるんですよね。

 

お酒は飲めるうちに辞めなさい!

アルコール依存症業界には、

「お酒は飲めるうちに辞めなさい!」

と言う格言があります。

 

依存びと
依存びと

これには深い意味があるんですよ。

お酒が飲みたくても飲めなくなる頃には、「身体や内臓がボロボロになっている人」が多いからですね。

 

生きるか死ぬか

そういう人は、死が間近に迫っています。

 

ですので、お酒を飲むとか飲まないとかの話ではなく、

  • 生きる
  • 死ぬ

の選択肢になるんですよね。

 

ロキソニン+お酒を求める方は、「かなり危険な状態」です。

本当に気を付けて下さいね!

 

ロキソニンとお酒を同時服用したい理由

 

ロキソニンとお酒を同時服用したい理由には以下があります。

 

断れない飲み会がある

解熱鎮痛薬である、ロキソニンを飲んだ日も参加しないといけない飲み会。

 

依存びと
依存びと

その飲み会は強制参加なんですか?

と感じてしまうんです。

 

昨今は、アルハラを回避できるいい時代になりましたよ。

 

お酒を飲まずにはいられない

 

読者さん
読者さん

薬を飲んだらお酒がダメって知ってるけど、それでも「お酒が飲みたくてたまらない!」

お酒が飲みたくてたまらない状態の人は、すでに

「脳の前頭葉や海馬が機能低下してる可能性」

があります。

 

脳の前頭葉や海馬が機能低下すると、飲酒欲求をコントロールするのが難しくなるんですよね。

アルコール依存症の可能性があるので、まずは「禁酒から試してみる」ことをおすすめします!

 

薬がお酒のおつまみになる

薬をアルコールで流し込むのが好きな人が稀にいます。

私も経験したことがないので何とも言えませんが、「酩酊を超えた酩酊」になると言ってましたね。

 

まさじろ
まさじろ

申し訳ありませんが、私の範疇を完全に超えています。

直ちに、「専門家に相談」なさることをオススメします。

ただし、「薬をアルコールで流し込む」のは、誰が判断しても危険だと思いますよ。

 

まとめ

今回は、「ロキソニンとお酒の組み合わせがダメな理由」を解説しました。

 

様々な事情があるとは思いますが、ご自身の身体を労ってあげて下さいね!

コメント