スポンサーリンク

飲み過ぎで下痢が止まらないときの対処は「薬か病院」の2択だよ!

スポンサーリンク

今回の記事では、

  • 飲み過ぎで下痢になる要因
  • 飲み過ぎで下痢が止まらないときの対処

について、断酒歴9年の私が解説します。

 

まさじろ
まさじろ

お腹が痛いと何も手につかないですよね。あなたの下痢が、早めにおさまることを祈ってますよ!

 

スポンサーリンク

飲み過ぎで下痢になる要因

お酒を飲み過ぎると、「お腹がゆるくなる人」は少なくありません。

下痢になると、せっかくの楽しい飲み会があまり楽しめなくなります。

 

依存びと
依存びと

実は、下痢になるには当然ですが理由があるんです。

そこさえしっかりと意識すれば、下痢になる頻度が抑えられるんですよね。

 

飲み過ぎで下痢になる要因は以下の2点だと言われています。

 

消化機能の低下

飲み過ぎで下痢になる要因の1つ目が、「消化機能の低下」になります。

 

お酒は、まず「胃と小腸」に吸収されます。

ですので、食べ物を「消化する能力」が落ちてしまうんですよね。

 

詳しくは、コチラが参考になります。

アルコールは胃と小腸で吸収されますが、吸収の手助けをする「酵素」と呼ばれるものを邪魔します。そのせいで水分や栄養分の吸収ができず、あまり消化できていない食べ物が大量に大腸に流れ込みます。

(引用:ヤフーニュース「飲み過ぎた翌日下痢する理由医師の視点」より」

 

水分の取り過ぎ

飲み過ぎで下痢になるもう1つの要因が、「水分の取り過ぎ」になります。

 

お酒を飲んでる時はあまり意識しませんでしたが、「お酒を飲んだ時の水分量」ってけっこう多いんです。

 

依存びと
依存びと

ロングの缶ビールって500mlぐらいですよね。2本飲んだだけで「1リットル」です。

それだけの水分を水やジュースで飲もうと思ったら大変です。

 

詳しくは、コチラが参考になります。

水分の摂りすぎも便の水分量の増加につながるため、下痢になることがあります。

(引用:Lion「飲みすぎによる下痢」より)

 

スポンサーリンク

飲み過ぎで下痢が止まらないときの対処:病院か薬

 

それでは次に、「飲み過ぎで下痢が止まらないときの対処」をみていきましょう!

 

下痢止め薬

飲み過ぎで下痢が止まらないときの対処の1つ目は、「下痢止め薬」になります。

 

下痢止め薬のおすすめが「正露丸」になりますね。

市販の下痢止めを飲まない方がいい。そう思って病院へ行っていた人も、ぜひ試してほしい。正露丸こそ、あらゆる下痢にしっかり対応できる常備薬にピッタリな下痢止めなのだ。

(引用:大幸薬品「正露丸」より)

 

 

下痢止め薬の、もう1つのおすすめが「ストッパ」になりますね。

腸の異常収縮を抑え、腸内での便の移行スピードを抑制します。腹痛を伴うような下痢に高い効果を発揮します。

(引用:Lion「ストッパ」」

 

病院

 

依存びと
依存びと

私の経験では、「飲み過ぎが原因の下痢」は1日もあれば治ってしまいます。

もしも、長引くようなら「あれこれと悩む」よりも、ササッとと病院で原因追求した方が気持ちが楽ですよ。

 

飲み過ぎで下痢が続くときの対処は、「素直に病院に行きましょう!」

一過性の下痢なら放っておけば回復します。しかし、お酒以外が原因だとすると危ないですもんね。

 

スポンサーリンク

防止方法と大事なこと

 

最後に、「飲み過ぎの防止方法」と「飲み過ぎた事実を受け止める」を解説します。

 

飲み過ぎの防止方法

飲み過ぎで下痢にならない方法は、「ゆっくり飲む」になりますね。

私の経験から考察すると、ゆっくり飲むことでアルコールの吸収を遅らせることができますからね。

 

依存びと
依存びと

さらには、大量飲酒も控えるべきです。

大量に飲酒するので、消化機能が落ちるんですもんね。

 

飲み過ぎで下痢にならない、「もっと簡単な方法」もあります。

それは、そもそも「飲み過ぎない」ことになります。

 

飲み過ぎた事実を受け止める

アルコール依存症者な私は、「飲み過ぎの怖さ」を誰よりも理解しています。

 

まさじろ
まさじろ

これからも素敵なお酒生活を送りたい方は、「飲み過ぎた事実」をしっかりと受け止めて下さいね!

 

飲み過ぎは下痢も引き起こしますが、それと同時に

「アルコール問題を引き起こす可能性」

もあるからですね。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、飲み過ぎで下痢になる「要因と対処」について解説しました。

 

飲みすぎた方は、今後のお酒生活をしっかりと見直して下さいね!

コメント

カテゴリー