アルコール依存症で病院へ「通院か入院」の切り分け方を解説するよ!

今回の記事は、

  • アルコール依存症は病院に行くべき?
  • 「通院 or 入院」の切り分け方

について、断酒歴9年の私が解説します。

 

まさじろ
まさじろ

アルコール依存症の本人が今回の記事を見てるなら、入院せずとも「自力で克服できる可能性」があると思います。

 

アルコール依存症は、病院に行ったほうが良い?

結論から言うと、アルコール依存症を克服できるなら、

「病院でも何でも、利用できるものは利用したほうがいい」

と、私は思います。

 

依存びと
依存びと

アルコール依存症において、大事なのは「過程ではなく結果」だからですね。

 

率直に言うと、

  • 自力で克服する
  • 病院を利用して克服する

どちらでも、最終的にアルコール依存症を克服できたなら同じことなんです。

 

アルコール依存症は精神科

病院に行こうとしたとき、

読者さん
読者さん

アルコール依存症は何科を受診すればいいの?

と気になりますよね。

 

アルコール依存症は、「精神科を受診」して下さい。

たまに、間違って内科を受診する人もいるようですけどね。

 

アルコール依存症で肝要なのは、「一刻も早く対策すること」になりますよ!

 

病院に連れて行ったほうがいい?

今回の記事は、「アルコール依存症の家族さん」も読んで下さってると思います。

 

そんな家族さんは、

読者さん
読者さん

アルコール依存症の本人を、病院に連れて行った方がいいんだろうか?

と悩んでるんじゃないですか?

 

私は自力でアルコール依存症を克服しつつありますが、実は軽く100回以上は失敗してます(笑)

試してみたほうがいいよ

当時の自分にアドバイスするなら、

依存びと
依存びと

病院に、1回だけでもいいから行ってみたら?

になりますね。

 

正直に言うと、肩肘張らずに病院に行っとけばよかったです。

そうすれば、断酒の試行回数が「100回→50回」になってたかも知れませんからね。

 

断酒の試行回数が50回になっただけでも、私の人生はまるで異なります。

失った信用や自尊心が、「半分ですんでる可能性」があるからですね。

 

「通院 or 入院」の切り分け方

アルコール依存症を代表とする依存症には、「本人と家族」の2つの視点があります。

どちらの視点からアルコール依存症を見るかで、「アドバイス内容」が異なるんですよね。

 

今回の記事を読んでる、あなたが

  • アルコール依存症本人:自力 or 通院
  • アルコール依存症家族:通院 or 入院

をおすすめしますね。

 

本人なら「通院や自力」がおすすめ!

あなたが、アルコール依存症の本人なら、

「断酒会や断酒ブログを利用しながら」

自力での克服の可能性もあると思います。

 

前述したように、「病院を利用したほうがよかった」と私は思ってます。

しかし、私がそう言っても、あなたは「自分は大丈夫だから!」と言うでしょう。

 

依存びと
依存びと

この後、「断酒に3回失敗」したら、その時は観念して病院に行くことをおすすめします。

大事なのは、「一刻も早くお酒から離れること」なんですよね。

 

アルコール依存症の家族:病院で入院がおすすめ

あなたがアルコール依存症の家族の方なら、病院へ「通院 or 入院」させることをオススメします。

と言うのも、ご家族の方は「かなり悩んでる状態」だと思います。

 

それにも関わらず、アルコール依存症の本人は

読者さん
読者さん

俺はアルコール依存症なんかじゃない!

と、息巻いてる状態と予想されます。

 

家族ってつらいですよね。お気持ちは重々に分かります。

ただし、1つだけ分かってあげて下さい。

 

本人も実は気付いてるから、そっと後押しを!

本人も薄々は、「自分がアルコール依存症」だと感じてるんです。

でも、中々認められないんですよね。

 

実は、アルコール依存症で悩むご家族の方は意外に多いんです。

悩んでるのは、「あなただけじゃない!」ので安心して下さいね!

 

依存びと
依存びと

まずは、アルコール依存症の専門機関に相談してみましょう!

 

アルコール依存症の相談窓口

アルコール依存症の相談窓口は以下になります。

  • 精神保健福祉センター
  • 断酒会

 

まずは、お住いの地域の「精神保健福祉センター」に相談されるといいですね。

 

その後、同じように悩む家族を探すために、「断酒会」を訪れてみることをオススメします。

断酒会では、「アルコール依存症の家族の方も参加」しているので心強いと思います。

 

まとめ

今回は、「アルコール依存症は病院に行くべき?」と「通院 or 入院の切り分け方」を解説しました。

 

我々にできるのは一刻も早く治すことです。一緒に頑張りましょう!

コメント