アルコール依存症者への「家族の接し方や対応」を解説するよ!

今回の記事は、

  • アルコール依存症者と家族
  • 家族の接し方や対応で大事なこと

について、断酒歴9年の私が解説します。

 

まさじろ
まさじろ

アルコール依存症の克服への道は、家族全員で「アルコールに対する知識」をつけることです。いつか皆んなで笑える日が来るといいですね!

 

アルコール依存症者に対しての家族の接し方や対応

アルコール依存症克服の難しいことの1つが、

「家族もアルコール問題について学ばないといけない!」

があります。

 

読者さん
読者さん

え?私はアルコール依存症じゃないよ!

と、あなたは思いましたよね。

 

家族が知らなかったので再飲酒

おっしゃる通りで、あなたはアルコール依存症じゃありません。

しかし、「あなたも」アルコールについて学ばないといけないのです。

 

と言うのも、家族の不勉強ゆえに

「再飲酒するアルコール依存症者」

って意外に多いんです。

 

読者さん
読者さん

何を言ってるか意味がわからない!

と、チンプンカンプンな状態だと思うので、具体例で解説していきますね。

 

家族も「アルコール依存症に関する知識」が必要な理由

アルコール依存症の克服の基本は、「断酒(お酒を一切飲まない)」になります。

 

ほとんどのアルコール依存症者は、

「節酒や禁酒などを試して最終的に断酒」

に辿り着くんですよね。

 

断酒を始めたアルコール依存症者は、「かなり克服に近い状態」にあります。

 

まさじろ
まさじろ

そんな状態の時に、アルコール依存症に関する知識の薄い方が、図らずもやってしまう「接し方や対応」があります。

 

断酒を始めたら2度と飲めない

その代表が、

読者さん
読者さん

1ヶ月も我慢したんだから、そろそろ1杯くらい飲んでもいいんじゃない?

になります。

 

今までの人生で、「3日とお酒を飲まない日がなかった本人」を褒めてあげたい気持ちは分かります。

しかし、断酒している人にお酒をススメてはいけません。

 

親戚から守れるのも家族!本人は役に立たんよ(笑)

アルコール依存症者が3年も断酒をすると、

読者さん
読者さん

3年も我慢したんだから、一杯ぐらい飲んでもいいんじゃないか?

と、お正月なんかに親戚の方がこう言います。

 

家族の方は、アルコール依存症に関する知識があるのでお酒を勧めはしません。

しかし、一般的な人は知識がありません。ですので、軽い気持ちでこんな風に言うんですよね。

 

その方に悪気なんてないですよ。それに、世間一般の方の知識は薄くて当然ですもんね。

こんなケースでも、「家族の方がしっかりとガード」してあげて下さいね。

 

本人の自主性にまかせると、「ふらっと行く可能性」がありますからね(笑)

 

断酒とは「一生飲まない」こと

その1杯を飲むことで、99%の人は

「さらに重度のアルコール依存者」

になることは明白です。

 

まさじろ
まさじろ

ちなみに、私だってそうなりますよ

私も何十回も断酒に挑戦して、「たまたまの1回」が9年を超えてるだけです。

断酒を決意しても、何十回もスリップしましたからね。

 

少しくらいなら飲んでもいいんじゃない?

スリップした理由には、酒飲み仲間の

「少しくらいなら飲んでもいいんじゃない?」

も入ってますもんね。

 

アルコール依存症を克服する基本は、何回も言いますが「断酒がベスト」なんです。

ですので、少しでも飲んだら昔に戻るんです。

 

依存びと
依存びと

家族の方が、アルコールの知識をつけないといけない理由がここにあります。

家族までが、「一杯ぐらいならいいよね!」と言ってると、アルコール問題は更に悪化しますからね。

 

まとめ

今回は、アルコール依存症者の家族の「接し方や対応」を解説しました。

 

ご家族の方も、本人と一緒にアルコール依存症について学んで行きましょうね!

コメント