急性アルコール中毒で死亡することも!年間の「救急搬送人数」も多い

今回の記事は、

  • 急性アルコール中毒で死亡
  • 年間の救急搬送人数

について、断酒歴9年の私が解説します。

 

まさじろ
まさじろ

これ以上繰り返さないことが大事だと思います。ムチャな飲み方は、本当に控えて下さいね!

 

急性アルコール中毒で死亡することも

一般的な人の中には、急性アルコール中毒の状態を見て、

読者さん
読者さん

飲み過ぎ、飲み過ぎ、明日になれば酔いも覚めるよ!

と、安易に考えてる人がいます。

 

私も昔はそう思ってましが、その考えは「本当に危険」ですね。

実は、急性アルコール中毒は対処や治療を間違えると、「死亡するケース」もあるからです。

 

死亡の一歩手前になる人も多い

実際に、急性アルコール中毒が原因で、「死亡の一歩手前」になる人も数多くいます。

 

東京都消防庁のWEBサイトには、このように書かれています。

アルコールは、摂取量によっては死亡することもあります。たかがお酒、されどお酒です。昨年は、46人の方が重症(生命の危険が強いと認められるもの)以上でした。

(引用:東京都消防庁「急性アルコール中毒」より)

 

依存びと
依存びと

お酒の飲み過ぎは、「死亡者がでる可能性のある行為」と言うことを肝に銘じておいて下さい。

 

急性アルコール中毒が原因の「救急活動の傾向」

 

それでは次に、急性アルコール中毒が原因の「「救急活動の傾向」を見ていきましょう。

 

救急搬送人員の推移

過去5年間に、急性アルコール中毒が原因で「救急搬送された人数」が以下になります。

 

※東京消防庁管内での発生人数

男性女性合計
平成22年7,455人4,296人11,751人
平成23年7,507人4,154人11,661人
平成24年7,685人4,291人11,976人
平成25年8,443人4,517人12,960人
平成26年9,307人4,996人14,303人

(引用:東京都消防庁「急性アルコール中毒」より)

 

依存びと
依存びと

毎年、搬送件数が増加しているのが特徴的ですね。

 

女性の急性アルコール中毒も多い

さらには、「女性の急性アルコール中毒者」も意外に多いんです。

 

読者さん
読者さん

急性アルコール中毒者で意識を失ってるのは男性が多いような?

と、イメージする人は少なくありません。

 

しかし、実は女性も「30%ぐらいの割合」をしめてるんですよね。

 

女性の方が急性アルコール中毒になると、身体の危険性も出てきます。

ですので、本当に気を付けて下さいね!

 

急性アルコール中毒になるまで飲んだ理由

ところで、今この記事を読んでるあなたは、

  • 飲まされて急性アルコール中毒なった
  • 自分で飲んで急性アルコール中毒なった

のどちらでしょうか?

 

いずれにせよ、「急性アルコール中毒になるまで飲んだ」ことが大問題です。

 

飲まされたなら

 

依存びと
依存びと

飲まされて急性アルコール中毒になった人は、今後はそのような飲み会には「2度と参加しない」こと。

そんな飲み方を続けてると、いずれ「大きな問題」が降りかかることが明白だからですね。

 

あなたの命は、あなたが守らないといけませんよ!

 

自分で飲んだなら

自分で飲んで急性アルコール中毒になった人は、「アルコール依存症」に近いです。

 

まさじろ
まさじろ

これからのお酒の飲み方について「真剣に考えた方がいい」と、アルコール依存症の私が断言します。

 

まとめ

今回は、急性アルコール中毒で「死亡と年間の救急搬送人数」を解説しました。

 

ムチャな飲み方を続けると、私のように「もう二度とお酒」が飲めなくなりますよ。

それが嫌なら、これからは上手に飲んで下さいね!

コメント